本文へスキップ

養護教諭になるには大学あるいは短期大学に入学することがスタートライン。

『大学では教えてくれない養護教諭の仕事っぷり』は、養護教諭について 詳しくない人にもわかりやすく、 どうやったらその職につけるのか、どんな大学を受験すればいいのか、 といった養護教諭に関するあらゆる情報を紹介します。

生徒を見守る養護教諭

養護教諭は学校に通う若い生徒達の、未来の日本を担う児童達の心身の健康管理を 行うだけでなく、学校での保健教育の担い手にもなります。 算数や国語、社会の授業を受けるだけでは立派な大人になれません。 養護教諭が生徒を導くためには大学で医療や保健衛生に関する幅広い知識を身に付け、 さらに地域社会にまで及ぶ視野と情報を持つことが必要とされます。 小学校の保健室には身体上の問題を抱えた児童だけでなく、心の病で精神的に不安定 になっている児童の来室も増えていますので、そんな生徒を優しく受けとめてあげ、 正しい道へと導いけるような指導者としての人間性も求められています。 養護教諭は決められた授業を行う一般教諭よりも、人間性と生徒に合わせる応用力が 必要になるでしょう。


養護教諭の業務

学校には体の健康面以外にもさまざまな悩みを抱える児童が通っているため、 怪我の治療はもちろんのこと生徒の心と真剣に向き合って適切な助言や指導ができる 養護教諭が求められています。 いじめが原因で教室に行きたくないという生徒も増えていますし、悩み事があって 授業に集中出来ないという生徒もいるでしょう。 そんな生徒を精神面から支える養護教諭の需要が高まっているのです。 そんな期待に応える養護教諭になるためには、保健や医学・教育など幅広い分野 について大学を卒業したあとも勉強を続ける姿勢が必要です。 無事就職できたからあとはこのまま生徒の面倒をみていけばいいや、ではなく、 より生徒を助けていけるような養護教諭になるため日々精進する努力を忘れては いけません。


養護教諭・栄養士・保育士
学校法人瀬木学園
愛知みずほ大学短期大学部
http://www.mizuho-c.ac.jp/amjc/

養護教諭の役割

養護教諭はどこの学校でも必要とされる教諭で、大きな学校ではひとりじゃ足りなく ふたりいる学校もあります。 養護教諭の役割は主に生徒の怪我の手当や毎日の健康観察になりますが、毎年の 身体測定や生徒の心のケアも養護教諭の重要な役割になります。 しかし養護教諭は医者ではありませんし資格を持ったカウンセラーでもないので、 医療行為はできません。 擦り傷の消毒程度なら保健室できますが、生徒が大怪我をした場合などは救急車を 呼んで、励ましながら病院へ付き添うことになります。


養護教諭の1日

普段は暇そうに保健室で待機している養護教諭ですが、実際にはそこそこ忙しい けれども生徒には落ち着いて見せている、というのが正解のようです。 あの先生はいつも忙しそうで声をかけられない、とならないようにそのような 振る舞いをしているだけで、いつでも生徒を受け入れますよ、というポーズを しているのが生徒から見たら暇そうに見えるのでしょう。 それそこが養護教諭の狙いで、いつでも気軽に相談可能な雰囲気を醸し出す、 ベテラン養護教諭が生徒の心を開くための生徒ホイホイの術です。 生徒に見栄を張って忙しいフリをする必要はありませんし、与えられた役割から 考えればそれはむしろ逆効果になってしまいます。


バナースペース

名古屋の通信制高校なら
ご自身のペースで勉強が出来る環境を整え、義務教育を完全マスター。就職支援フォローのサポートもしっかりと整えています。
http://takumi-koukou.com/